プロモーション広告を利用しています
熟女のエロい話

出会い系でセックスレスの同い年のアラフォー人妻と時間も忘れてエッチに没頭した話

目安時間 31分
  • コピーしました

俺は今39歳の公務員だ。

 

自分が趣味を楽しみつつ、自由に生活できていればいい、
と特に出世欲もなく、生活と趣味に困らないだけの稼ぎがあればいいと思っていた。

 

だが、両親は40を前にした俺に、「そろそろ結婚しないのか」、と促してきた。

 

それなりに外見が整っている俺は
学生時代も社会人になってからも告白されたこともあったが、
一昔前でいう【草食系男子】の俺は趣味も一人で楽しんでいた。

 

童貞は卒業しているが、しばらく彼女もいないし、結婚なんて考えてもいなかった。

 

だが、両親があまりにもうるさいので、
【婚活している様子】を親に見せるために、とりあえず出会い系サイトに登録した。

 

さすがに、結婚相談所に登録して本格的に婚活するつもりはない。

 

できれば、まだまだ一人を謳歌したいのだ。

 

そんな思いとは裏腹に、登録直後からイイネやメッセージがきた。

 

顔写真を登録したからだろうか。

 

俺の趣味の野球に対して、「私も好きです」といったメッセージがたくさんきたが、
やり取りをしていると、全然詳しくない女性がほとんどだった。

 

「メッセージを送る口実か?」と少しうんざりしてきたが、
同じ球団のファンで、応援グッズを持っている写真を一緒に送ってきた女性がいた。

 

同じ横浜在住で、同い年だった。

 

バツイチだが子供はいないと言っていた。

 

俺は、彼女と付き合いたい、というより、
趣味の話が合うので、その女性とばかりメッセージのやり取りをするようになった。

 

何度かメッセージのやり取りをするうちに、「一緒に応援に行こう」という話になった。

 

初めて会った彼女は、美人だが同い年とは思えないくらい白髪が多かった。

 

白髪のせいか、疲れているように見える。

 

本当はシングルマザーだろうか?

 

ひとりで勝手に生きている俺は、
シングルマザーやシングルファーザーを尊敬するが、
いざ付き合うとなった時にいきなり子持ちにはなりたくなかった。

 

まだ、自由でいたい気持ちが強かった。

 

一緒に応援を楽しんだ後、食事に誘って聞いてみることにした。

 

話していて楽しいが、だからこそ、今後を考えたとき、
子供がいるかどうかは俺にとって重要だった。

 

居酒屋の個室に誘い、しばらく今日の試合の話をしながら酒を飲み進める。

 

だいぶ彼女が酔ってきたところで、「ところで、本当にバツイチ?」と聞いてみた。

 

「すごく魅力的なのに、バツイチなんて信じられないな」とあとにフォローを続ける。

 

すると、彼女は気まずそうに話してきた。

 

「本当は結婚してるの。でも、旦那に相手にされなくてさみしくて。。。
子供もいないから、私を女性とみてくれる人に会いたかったの。
うそをついてごめんなさい」

 

もう5年もセックスレスで、さみしさとともに欲求不満もあるらしい。

 

「私って魅力ない…?」

 

上目遣いで悲しそうに尋ねてきた彼女に、俺は「魅力的だよ」と答えた。

 

しばらく沈黙があった後、彼女は
「やっぱり、旦那にも相手にされないような女なんて、もう駄目だよね。
私、帰るね」と席を立とうとした。

 

俺はつい、彼女の腕をつかんで引き留めた。

 

俺は自分で思っている以上に彼女に惹かれていたようだった。

 

彼女との会話は楽しく、彼女からのメッセージがくるのを、毎日心待ちにしていた。

 

もし引き止めなければ、もう彼女とは連絡が取れなくなると思った。

 

その腕を引っ張ると、彼女にキスをした。

 

すると、本当に欲求不満らしく、彼女は俺に抱き着き自分から舌を入れてきた。

執拗に舌を絡めてくる。

 

久しぶりの生々しい感覚にチンコが硬くなるのがわかった。

彼女は舌を絡め、俺の歯列を舐め、「ぅん…あ…」と声をあげ始めた。

 

胸に手を伸ばすと、すでに乳首はビンビンに勃起していた。

 

胸を揉みながら人差し指で勃起した乳首を擦り続けると、
「あぁ…!!っあ!!」と唇を放し、大きく息をしながら喘ぎ声をあげはじめた。

 

耳元で「ホテル行こうか」と誘うと、

困ったように「…旦那が帰ってくるから…」と答えた。

 

「人妻は大変だな」と言いながらスカートに手を入れパンティの上からマンコに触ると、もちろん濡れていた。

 

彼女は俺にしがみつき、快感に耐えているようだった。

 

荒い呼吸を耳元に感じる。

 

「かっぅう!!…帰らない、とぉ…」

 

セックスレスが5年も続いているのに、妻の突然の外泊は許されないものなのか?

 

よくわからなかったが、彼女は「帰る」と繰り返す。

 

そこで俺は、パンティの中に手を入れると、直接マンコに指を入れた。

 

「あぁあ!!…葛西くぅん…」

 

人差し指と中指でマンコをかき混ぜると彼女…梨沙は
「あっぅ!!…あっ!!…はぁあ!!」と涙目で天井を見上げ喘ぎ続けた。

 

マンコが俺の指を強く加え、梨沙がイきそうになったところで、
俺は指をマンコから抜いた。

 

梨沙は物欲しそうに俺を見つめた。

 

が、さすがにここでスルわけにはいかない。

 

梨沙の声がでかすぎるから。

これ以上責めたら、欲求不満の梨沙は絶叫するかもしれない。

 

「日曜日、また応援に行こうか?」

 

そう誘うと、梨沙は即答で「うん!!」と答えた。

 

すごく嬉しそうだ。

 

もとが美人だから、笑顔はなおさらかわいかった。

 

だが、俺が梨沙をイかせなかった本当の理由は、
梨沙とのSEXをより充実させるため、梨沙の欲望を最大限に高めるためだった。

 

だから、別れ際に俺は梨沙に言った。

 

「日曜日まで、オナニー禁止な」

 

 

梨沙の動揺が手に取るように分かる。

 

梨沙は専業主婦だ。

 

人妻モノのAVでは欲求不満の人妻が、
旦那のいない日中にオナニーするのが当然のように描かれている。

 

だから、梨沙もヤるだろうと思った。

 

今日は自分からディープキスをしてきたうえに、
5年ぶりに男に乳を揉まれ、マンコをいじられたんだ。

 

しかもイかせなかった。

 

梨沙は困ったような顔をしている。

 

「オナニーで満足できるなら、俺とSEXする必要ないだろ?」

 

「毎日、オナニー我慢できたかどうか、報告しろよ?」

 

ラインのIDを交換し、毎日報告させることで、より意識させることにした。

 

まだ水曜だ。

 

梨沙は旦那といるときも俺のことを考えるようになるだろう。

 

妻が自分といるときに他の男のことを考えてる、ってどんな気分だろうな?

セックスレスなくらいだし気づかないんだろうか?

 

この日を境に、俺と梨沙は出会い系サイトのメッセージではなく、
ラインで直接連絡を取り合うようになった。

 

梨沙からは主に旦那が仕事に行っている時間に連絡が来る。

 

【日曜日が楽しみだよ】

 

【葛西くんとシたいから、我慢してるよ】

 

日中は俺自身も仕事をしていることもあるが、
あえて旦那が帰ってきているであろう時間に返信をした。

 

【あんなにマンコぐちょぐちょにして感じてたのに、よくオナニー我慢できてるな】

 

【そんなに俺のチンコほしいの?】

 

梨沙はソフトな内容を送ってくるが、俺は直接的な内容のメッセージを送った。

 

梨沙の性欲を刺激するためと、旦那がいながら
他の男を欲している自分を自覚させるためだ。

 

だが、梨沙もバツイチとうそをついてまで、出会い系サイトで男を探してたんだから、
このくらいの刺激は与えてもいいだろう。

 

そして日曜日。

 

再会した梨沙の髪の毛は内巻きの赤みがかった茶髪になっていた。

 

さすがにミニスカートとまではいかないが、膝より少し短めのスカートで、
タイトなトップスだ。

 

もとが美人なだけに、前回のような疲れた印象はなくなっており、年よりも若く見えた。

 

梨沙は今回は応援グッズを持ってきていなかった。

 

「野球の応援に行く、って出てきたんだろ?怪しまれなかったの?」

 

と問うと、

 

「今日は学生時代の友人とランチって言ってきたの。

久しぶりにお友達に会うから、老けたと思われたくない、
って久しぶりに美容院に行ってきたよ!!」

 

と悪びれもなく言ってきた。

 

梨沙は楽しそうだ。

球場には行かず、そのままラブホに直行した。

 

部屋に入ると、扉が閉まるかどうか、というところで梨沙が抱きついて、
自分から唇を重ねてきた。

 

今回は俺も舌を動かし、舌を絡めあった。

 

くちゅくちゅと濡れた音が部屋に響き、梨沙の口角からは涎が垂れている。

 

梨沙は「あぁ…はっ!!」と喘ぎだした。

 

マンコに手を伸ばすとすでにびしょびしょだ。

 

パンティの上からでもはっきりとわかるほどにクリトリスも勃起している。

 

入り口の壁に手をつかせると、硬くなったチンコをケツにぐりぐりと押し当てながら、
両手で胸を揉みしだいた。

 

形が変わるくらい力いっぱい揉んでやると、梨沙は「うぅん!!」と喘ぎながら、
腰をくねくねとくねらせている。

 

「いつからこんなにマンコ濡らしてたの?」

 

両手で乳首をつねりながら尋ねると、

 

「あ…朝…からぁあ!!」

 

「だから、葛西くっぅん…あっ!!」

 

と、ますます乳首を固くする。

 

トップスをはぎ取ると、黒いブラだ。

 

そして、スカートを脱がせると同じく黒のTバックだった。

 

脚を開かせ、Tバックを力いっぱい引っ張り、マンコに喰い込ませた。

 

「あぁあぅ…!!」

 

それだけでも梨沙は気持ちよさそうに嬌声をあげる。

 

すでに勃起して存在感を主張しているクリトリスをつねり、
「人妻のくせに、ずいぶんエロい下着付けてるんだな」
と耳をべろべろ舐めたり、息を吹きかけたりしながら言ってやる。

 

「葛西くん…お願い、もう…いれてっぇ…!!」

梨沙はもう欲しくてたまらないみたいだ。

 

脚を開かせたまま黒いTバックをおろすと、思いっきり糸を引いている。

 

「梨沙、マンコ濡れすぎて、糸引いてるよ?」

 

耳元で実況してやると、真っ赤になって目を潤ませた顔をこっちに向け、

腰をくねらせながら再度懇願してきた。

 

「葛西くぅん、お願い!!…もう、もう我慢できないのぉお!!」

 

「それじゃあ、自分でマンコ開いて、もっとお尻突き出してお願いしてみて」

 

と言うと、梨沙はためらいもせずケツを突き出した。

 

左腕で体を支えながら、右手の中指と人差し指で思いっきりマンコを開いて再び言う。

 

「かさいく…ん、お願い、いれてっぇ、思いっきり、オマンコ、ついてぇえ!!」

開いただけで梨沙の指もびしょびしょになっている。

 

俺は梨沙の腰をつかむと、硬くなったチンコをナマのまま、
一気に最奥まで押し込んでやった。

 

梨沙はそれだけで背をのけ反らすと、潮を吹いてイった。

 

床には水たまりができ、梨沙は壁から手を放して崩れそうになるのを、
両胸を鷲摑みにして支える。

 

倒れないように、と力いっぱい胸をつかんだので、さすがに痛かったようだ。

 

「いっぅ!!」

 

と声をあげたが、マンコはよりきつく閉まった。

 

「痛いのが気持ちいいの?梨沙は淫乱だなぁ」

 

と乳首に爪を立て、思いっ切り引っ掻いたりつねったりしながら言う。

 

「いぃのおぉ、気持ちいいのぉぉ…かさいくぅんン」

梨沙は相変わらず腰をくねらせている。

 

そんなに欲しいなら、と乳首を刺激しながらピストンを再開した。

 

力強く腰を打ち付けると、梨沙は体勢を崩し、慌てて壁に両手をついて体を支えた。

 

「あぁあ!!あああぁぁあぁああ!いぃのおぉ、かさいく…、気持ちぃ…い!!」

 

梨沙は指を開いて壁にしがみつくようにしている。

 

ゆっくり引く抜き、一気に奥まで突く。

 

突くたびに梨沙のマンコが強くシメつけて、チンコに絡みついてくる。

 

「はぁあ…!!あぁあ!!イくうぅ…葛西くん、イっちゃう、イっちゃうよぉお!!」

 

あまりにも締め付けがきつく、俺もイきそうになる。

 

「はぁ、梨沙、いいよ、俺もイきそうだよ」

 

「ねぇ、いっしょにぃ、あぁあ!!あ…ぅう!!」

 

そしてさらに強く奥まで突くと、梨沙は再び潮を吹き、
今度はその水たまりの上に崩れ落ちた。

 

俺は梨沙の背中に大量のザーメンを吐き出した。

 

梨沙は肩で息をしながらも、こっちを振り向くと
「気持ちよかったよぉ、ありがとぉ」
と、俺に微笑みかけ、愛おしそうに俺のチンコをつかみ、キスをした。

 

ついばむようなキスをちゅっちゅと繰り返し、根元から丁寧に舐めてくれた。

 

タマをそっと揉みながら、尿道口を吸った。

 

すると、根元までチンコを加えこむ。

 

のどの奥にチンコが当たり苦しそうだ。

 

だが、それよりも嬉しそうに、俺の目を見つめて、
すごい勢いで吸い付きながら頭を前後に動かした。

 

すごいバキュームで俺は一気にイきそうになった。

 

慌てて髪をつかんで制止すると、

「葛西くんのザーメン、お口にたくさん出してほしいのお…
葛西くんのザーメン、飲ませてくれる?」

 

と上目遣いで言われた。

 

最初に出会ったときの印象とは全く違う、エロい人妻が、
不倫相手のザーメンを欲している。

 

俺とヤりたくて、旦那にうそをついて久しぶりに美容院に行き、
一気に女らしさと若さを取り戻した。

 

そして、日曜の昼間から俺とのSEXに興じ、潮を吹いてイきまくってる。

さらにはバキュームフェラを披露して、俺のザーメンを飲みたいと言っている。

 

こんなに美人でエロい女を5年も放っておくなんて、罪深い旦那だな。

 

バツとして、他の男に盗られても文句は言えないだろう。

「俺も梨沙にザーメン飲んでほしいよ」

と髪の毛を放す。

 

梨沙は笑顔で再び俺のチンコを咥え、じゅぼじゅぼと音を立てて
バキュームフェラを再開した。

 

俺は2度目とは思えない量のザーメンを梨沙の口の中に吐き出した。

 

梨沙はごっくんと音を立てて飲み干し、
顔にはねたザーメンを指でふき取ると愛おしそうに、指をペロペロと舐めた。

 

そして、俺のチンコについているザーメンを舐めとるお掃除フェラもしてくれた。

梨沙の背中は俺のザーメンまみれなので、ベッドに行く前に一緒に風呂に入った。

 

俺は梨沙の体を洗ってやり、梨沙は泡だらけの体で俺の体を洗てくれた。

背中や腕に体を這わせる。

 

乳首が再び勃起しているのがわかる。

 

チンコは泡まみれの乳で挟んで洗ってくれた。

 

パイズリも泡のおかげで滑りがいい。

 

俺のチンコも再び勃起してきた。

 

シャワーで泡を落とすと威力を最大にしたシャワーをクリトリスにかけながら、
再び指を入れる。

 

梨沙のマンコもぐちょぐちょだ。

断続的にクリトリスを刺激するシャワーさえ気持ちがいいようだ。

 

梨沙は俺に抱きつき目を潤ませながら言う。

 

「かさいく…ぅん、気持ちいいよぉ…オマンコ、気持ちいいのぉ」

そのままシャワーと手マンで刺激を与える。

 

「葛西くん、入れてぇ。葛西くんのちんちん欲しいのぉ」

梨沙はまた欲しがる。

 

俺はシャワーをそのまま落とすと、梨沙の右足を持ち上げ、チンコを挿入した。

「あんっぅ…」

 

梨沙は俺より背が低いので、立ったまま入れれば、
必然的に最奥までチンコが突き刺さる。

 

梨沙は俺に必死に抱きつき、

「あっ、葛西くんのちんちん、気持ちいいよぉ…。奥にあたってるのぉ…あぁあ!!」

とまた嬌声をあげる。

 

そのまま梨沙がイくまで最奥をつき続ける。

「あっぅ、だめぇ…、かさいくうんっっく…またあぁ…またイっちゃう!!
イっちゃうよおぉ…!!!あぁあ!!ああああああぁぁ!!」

梨沙はきつくマンコを締め付け再びイった。

 

そのあとは、お互い抱き合いながら少し湯に浸かった。

 

その際、俺は梨沙の耳元で、ささやいた。

 

「5年間ものセックスレスは離婚の理由に十分なるよ」

 

その日はこれで別れた。

 

そして、その後も最低でも2週間に1度のペースで会い、何度もSEXした。

 

そのたびに梨沙は艶っぽくなる。

大人の女の色香がはっきり出てきた。

 

ある晩、梨沙から連絡がきた。

 

「今から会える?」

 

もう21時だ。

 

旦那も帰ってきているだろう。

 

「俺はいいけど、旦那は平気なの?」

 

詳しくは会って話す、と言われた。

 

こんな時間に呼び出されるのは初めてのことだ。

理由が気になる。

 

「実はね、旦那に誘われたの」

 

俺は動揺を悟られまいとし、平静を装って尋ねた。

 

「それで?ヤったの?」

 

梨沙はにっこり微笑むと、

 

「離婚届渡して、出てきちゃったの。今夜、行く所ないから泊めてくれる?」

 

俺の部屋に入ると、濃厚なディープキスを交わした。

 

旦那からは大量のラインや電話がきていたが、梨沙はすべて無視していた。

 

あまりにも連絡ぐるので、もう戻る気はない、と梨沙は一言返した。

 

すると、旦那は弁護士を雇う、と言ってきた。

 

俺とのラインの履歴はすべて削除し、出会い系サイトも退会して削除していた。

 

俺との関係はバレていなかったし、証拠になるような写真も履歴もない。

 

離婚協議中は梨沙はビジネスホテルに泊まっていた。

 

その間も連絡は取りあっていたが、履歴はその都度削除していたし、

会うことは自重していたので、梨沙の【不貞】の事実は発見されなかった。

 

そして、梨沙は旦那との離婚を成立させ、
【セックスレスによる精神的ダメージが大きく、離婚したい】
と申し立てることで、むしろ慰謝料もとれた。

 

無事離婚が成立し、久しぶりに梨沙に再会する。

 

今日はこれから一緒に住むための梨沙の生活用品を買いに行く約束だ。

 

久しぶりの再会に俺は胸を躍らせていた。

 

待ち合わせ場所につくと、先に来ていた梨沙は妖艶なオーラをまとっていた。

 

「はじめまして、上野梨沙です」

 

と笑顔で俺に挨拶をしてきた。

 

これから、楽しい生活が始まりそうだ。

 

熟女と即出会えてやれるおすすめサイト

 

あなたが熟女好みならイククルが特におすすめです。

 

 

エロい熟女と出会いやすい「イククル」は登録しないとソンするよ♪
もちろん登録無料で、老舗運営だから安心安全
料金も安くてコスパよく満たされないJDとやれるサイト!

 

イククルを利用してみる

※当サイトからの登録で無料P付き(18禁)

 

 

イククルで出会った熟女とのエッチな体験談ベスト5

 

【イククル熟女体験談】欲求不満で我慢出来ないバツイチ熟女看護師とLINE電話で相互オナニ

 

【イククル兵庫熟女】初対面の清楚系の熟女に顔射フィニッシュを決めた体験談

 

イククルで出会った熟女シンママにカラオケボックスでテコキでヌイてもらった

 

【イククル熟女体験談】アラフィフ熟女にお任せのまったり濃厚プレイでイカされましたww

 

イククル大阪で出会えた熟女のじゅぽじゅぽおま〇こに巨根を突きまくった体験談

 

 

 

 

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

Kei

週刊誌ライター&マッチングアプリの使い手

Kei

週刊誌ライターでマッチングアプリの使い手Keiです。 このご時世で本業の仕事が激減しました・・・(泣) 余った時間でマッチングアプリを使って女のコと 出会いまくってアプリの使い方の達人になりました! 本人はプロフィールイラストと違って若干中年太り。 目が悪くてメガネを手放せません。やや残念な見た目。 マッチングアプリで仕事で失った青春を取り戻すゾ! このブログではアプリを使った赤裸々な体験談をお届け!

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
 ワクワクメールで処女狩り
 イククル体験談
 管理人プロフィール

Kei

週刊誌ライター&マッチングアプリの使い手

Kei

週刊誌ライターでマッチングアプリの使い手Keiです。 このご時世で本業の仕事が激減しました・・・(泣) 余った時間でマッチングアプリを使って女のコと 出会いまくってアプリの使い方の達人になりました! 本人はプロフィールイラストと違って若干中年太り。 目が悪くてメガネを手放せません。やや残念な見た目。 マッチングアプリで仕事で失った青春を取り戻すゾ! このブログではアプリを使った赤裸々な体験談をお届け!

Hな画像を見たい人集まれ~!

【えっちな画像を大量プレゼント!!】

【石原希望を思いっきり堪能!】



>>無料動画はココで見る<<

人気の記事
女性との会話、盛り上がる?

【女性にこんな風に見つめられたらどうする?】

本命彼女を見付けるならココ!
アーカイブ
カテゴリー
出会いを量産したいならココ!
ブログランキング参加中!
今すぐ会えるコを探すならココ!
外部リンク

Jメール セフレ Jメール 人妻 Jメール 体験談 Jメール 女子大生 Jメール 熟女 PCMAX 人妻 PCMAX 熟女 PCMAX 体験談 YYC セフレ YYC 体験談 YYC 女子大生 イククル エッチ イククル セフレ イククル 人妻 イククル 体験談 イククル 使い方 イククル 女子大生 イククル 熟女 シングルマザー 遊び相手 シンママ やれる ハッピーメール 体験談 ペアーズ 体験談 マッチングアプリ エロ 体験談 マッチングアプリ ヤリモク マッチングアプリ 体験談 マッチングアプリ 看護師 マッチングアプリの体験談 ヤリモク 女子大生 ライブチャット ライブチャット 口コミ ワクワクメール 人妻 ワクワクメール 体験談 ワクワクメール 使い方 ワクワクメール 処女 ワクワクメール 女子大生 ワクワクメール 熟女 人妻 出会い系 体験談 シングルマザー 女子大生 セフレ 熟女 熟女とのエロい体験談 熟女のエロい体験談 熟女のエロい話 生保レディ 体験談 義母