プロモーション広告を利用しています
PCMAX 体験談

父子家庭で育った35歳の僕が55歳の熟女に赤ちゃんプレイで癒された体験談

目安時間 19分
  • コピーしました

俺は35歳の会社員です。

 

母は俺が小さいころに亡くなっており、父子家庭で育ちました。

 

今では写真でしか母のことは覚えていません。

 

さて、最近では父が俺の結婚について心配しています。

 

俺もいい年なので、結婚も考えますが、まだ本気で婚活する気もありません。

 

そこで出会い系サイトで適当に女性を探していました。

 

そこで出会ったのが55歳の冴子さんでした。

 

美人というよりかわいい感じの人で、
メッセージのやり取りをしていても優しさを感じます。

 

メッセージのやり取りをするうちに
冴子さんに好意を抱くようになりましたが

 

恋と言っていいのかわかりませんが、
メッセージのやり取りをしていると安心する、
という不思議な感情です。

 

冴子さんは俺の悩みを聞いてくれ、
仕事で失敗した時には優しく慰めてくれました。

 

冴子さんに初めて会った時にはやはり、
メッセージのやり取りをしていた時に感じていたような安心感を抱きました。

 

冴子さんの包容力を強く感じ、一緒にいると安心します。

 

そして甘えたい気分になるのです。

 

冴子さんと何度も連絡を取り合い、会ううちに触れたい、と思うようになりました。

 

しかし、SEXをしたい、という感じとも異なります。

 

何度か会い、ホテルにも行ってみました。

 

キスをしてもなんだか違和感があります。

 

「私のキス、下手だったかな?」

 

冴子さんは数年前に旦那さんを亡くしており、
キスをするのも久しぶりだったそうで心配していました。

 

「そんなんじゃないんですよ」

 

にもかかわらず、冴子さんを抱きしめると
すごく安心して満たされる気分になりました。

 

母を早くに亡くしていたことは冴子さんにも話していました。

 

「冴子さんといると、安心するんです。心が満たされるんです」

 

そして、恥ずかしがりながらも、冴子さんに頭をなでてほしい、と頼みました。

 

俺のほうが冴子さんより背が高いので、俺がベッドに座ると、
冴子さんは俺の頭をそっと撫でてくれました。

 

すごく安心します。

 

何とも言えない幸せな気分になります。

 

そこで、今度は冴子さんのおっぱいを吸わせてほしいと頼んでみました。

 

冴子さんは恥ずかしがっていましたが、何度も何度も頼むと、
「仕方ない子ね」とおっぱいを見せてくれました。

 

特に巨乳ではありませんでした。

 

もちろん他の女性とSEXしたこともあったのですが、
冴子さんのおっぱいはなんだか神々しい感じがしました。

 

俺の方が体が大きいので、ベッドに座る冴子さんに向き合って
冴子さんに座わると、愛撫することもなく、おっぱいを夢中で吸いました。

 

何とも言えない幸せな気分になります。

 

何分も何分も吸い続けました。

 

しばらくして口を離すと、乳首は俺の唾液でびしょびしょになっています。

 

しかし、片方のおっぱいを吸っても満足できず、
反対のおっぱいも吸わせてもらいました。

 

俺は夢中でおっぱいを吸いました。

冴子さんはその間中優しく頭をなで続けてくれました。

 

俺は幸せでしたが、愛撫もせず、SEXをしようともしない俺に
冴子さんは不満を感じていないか不安になりました。

 

しかし、冴子さんには子供はいなかったので、
「子供がいたらこんな感じなのかなって思ったよ」と嫌がりませんでした。

 

それからは俺と冴子さんの奇妙な関係が始まりました。

 

毎回夢中でおっぱいを吸わせてもらいます。

 

一緒にお風呂に入り、体を洗ってもらいます。

 

俺も冴子さんの背中を洗います。

 

お互いに【疑似親子関係】のようなものを楽しむようになりました。

 

そのうち、この行為もどんどんエスカレートして、
ホテルで一緒に食事をとるようになりました。

 

しかし、必ず冴子さんに食べさせてもらっています。

 

熱いものはフーフーして食べさせてくれます。

 

大きなものは一口大にして食べさせてくれます。

 

お風呂で体を洗ってもらうのは毎回になりました。

 

そして、ある日とうとう俺は成人用の紙おむつをつけて冴子さんに会いました。

 

でも、冴子さんにお願いしておむつ交換をしてもらいました。

 

「遼くんは困った子ねぇ」

 

と言って冴子さんはおむつを替えてくれました。

 

お母さんにおむつを替えてもらうのはこんな感じなのかな、
と思うとたまらなく幸せでついつい勃起してしまいました。

 

冴子さんは俺のチンコが勃起しているのを見逃さず、
「遼くん、イイ子だから気持ちいいことしてあげようか」

と子供に言い聞かせるように話しかけると、
じゅぼじゅぼと音を立ててフェラをしてくれました。

 

冴子さんのフェラのテクは抜群でかなり快感だったのですが、
冴子さんのフェラよりも、フェラをしてもらっている
ケツの下にはおむつがひいてあることにたまらなく興奮していました。

 

大量に射精し、冴子さんはおいしそうにごっくんと飲んでくれました。

 

冴子さんにおむつを交換してもらうことが快感で、
そのうちただおむつを替えるだけでなく、

 

子供のように排泄物を片付け、ケツを拭いてもらいたい、
と思うようになりました。

 

もちろん、最初のころはおむつに排泄することは抵抗があり、

できませんでした。

 

でも、冴子さんに会う前や一緒にいるときにたくさん水分を摂って、
食事をたくさん食べました。

 

そして、とうとうおむつにも排泄できるようになりました。

 

俺は冴子さんにうんこを漏らしたおむつを替えてもらうのは
さすがに恥ずかしく感じました。

 

しかし、『あぁ、冴子さんにうんこを片付けてもらえる』
と思って思いっ切り興奮していました。

 

 

自分でもチンコがびんびんに勃起しているのがわかります。

 

初めておむつに排泄しているのを見た時、さすがに冴子さんは驚いていました。

 

おむつにうんこを漏らし、しかも思いっ切り勃起しているのです。

 

冴子さんは困惑していましたが、

「遼くん、うんちたくさん出たね~、キレイキレイしようね」

とケツを拭いてくれました。

 

俺は自分がうんこを漏らしていることが分かっていたので、
おしりふきを買っていきました。

 

冴子さんはおしりふきでうんこを拭いてくれます。

 

冷たいおしりふきに気持ちいいようなくすぐったいような感触がしました。

 

うんこはチンコにもついており、冴子さんは

 

「おちんちんも汚れているから拭くね」と拭いてくれます。

 

冴子さんはチンコを拭きながらしごきます。

 

チンコがきれいになると、手でしごき始めました。

 

たまらなく快感で、「はぁ…はぁ…あぁ…」と俺は声を漏らします。

 

冴子さんは気をよくして、ますます手コキを早めました。

 

「遼くん、おちんちん元気ねぇ」と嬉しそうに手コキを続けます。

 

「冴子さん…はぁ…おかぁさん…きもちいいよぅ…」

 

そして俺は快感のあまり思いっ切り冴子さんの顔めがけて射精しました。

 

冴子さんの顔はザーメンまみれです。

 

お母さんに悪いことをしてしまった、という感じがして、

 

それにまたたまらなく興奮しました。

 

俺はすぐに再びまた勃起しました。

 

「遼くんはおっぱい大好きだから…」

 

と、冴子さんはトップスを抜いでパイズリを始めました。

 

「はぁ…おかぁさん…はア…おかぁさん…はぁ…あ」

 

と、俺は興奮が抑えられません。

 

俺はおむつを替えてもらっていたので、横になっています。

 

冴子さんはパイズリを繰り返した後、マンコにチンコを入れてきました。

 

「遼くん…はぁ…ぁあ…」

 

冴子さんも興奮して腰を振っています。

 

俺は大好きな冴子さんのおっぱいを揉みしだきました。

 

「おかぁさん…冴子さん…あぁ…」

 

俺は冴子さんのおっぱいを揉みながらも、腰を打ち付けます。

 

「遼くん…ぁあ…遼くん…はぁ」

 

「冴子さん…はぁ…」

 

俺は興奮して冴子さんの腰を掴むとがんがんとチンコを打ち付けました。

 

母を犯しているような何とも言えない罪悪感を抱きつつ、
その罪悪感に反して興奮は強くなります。

 

「はぁ…冴子さ…ん…きもち…イイで…す…イきそう…です…はぁ」

冴子さんも

「あ…ぁあ…遼くん…いぃ!!きもちいぃ…のぉ!!」

と感じまくっています。

 

「イくぅ!!いくぅ!!あぁぁぁああああああ!!」

 

と冴子さんは絶頂を迎え、俺は興奮して思いっ切り中出ししました。

 

その後、一緒にお風呂に入り、いつものように冴子さんに体を洗ってもらいました。

 

その後も俺は紙おむつをつけて冴子さん会い、
冴子さんに食事を食べさせてもらい、お風呂では体を洗ってもらっています。

 

おむつを替えてもらいながら、フェラや手コキをしてもらってそのままSEX。

 

マナで挿入し、思いっ切り中出し。

 

いつもは「冴子さん」と呼んでいますが、興奮するとなぜか、つい
「おかぁさん」と呼んでしまいます。

 

冴子さんも俺をかわいがってくれます。

 

彼女とも違う、セフレとも違う、不思議な関係です。

 

でも、いつもたまらなく興奮するんです。

 

いつも興奮して何度も何度も射精してしまいます。

 

ザーメンは中出ししたり、飲んでもらったりしながら、SEXもしまくっています。

 

これって赤ちゃんプレイなんでしょうかね。

 

これまで、こんなことしたことなかったのに、
今までのどの女性と付き合ったとき以上に興奮するんです。

 

冴子さんとの関係は最高です。

 

 

PCMAXは熟女と出会える出会い系サイトです!

 

今回使用したPCMAXは今ライバルの男性が少なくて
穴場になっているのでおすすめです!

 

男性が他の有名なマッチングアプリのワクワクメールとか
ハッピーメールとかに流れているのが原因です。

 

使い方次第では大手よりのマッチングアプリよりも
簡単に出会えます。

 

特に熟女を狙う人にはもってこいです。

 

そして都会よりも地方の地域に強いのも
特徴で田舎でも女性会員数が多かったりします。

 

PCMAXにしかいない女性会員もやたらと多いので
ぜひワクメの女性会員と楽しい時間を過ごしてください。

 

 


PCMAX(18禁)公式サイトはコチラ

 

※18歳未満の利用は禁止※

 

PCMAXのおすすめ体験談

 

【PCMAX体験談】出会い系に本当にいた痴女と6回戦やってチンポからっぽww

 

出会い系で出会ったのは55歳の義母と父に隠れてハメまくった体験談

 

彼氏は作らない主義のバリキャリ48歳熟女と欲求不満解消セックスを堪能した体験談

 

PCMAXでセックスレスのアラフィフ熟女人妻の濃厚フェラでイかされた体験談

 

 

PCMAXで出会った人妻熟女とカラオケボックスで激しいセックスした体験談

 

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

Kei

週刊誌ライター&マッチングアプリの使い手

Kei

週刊誌ライターでマッチングアプリの使い手Keiです。 このご時世で本業の仕事が激減しました・・・(泣) 余った時間でマッチングアプリを使って女のコと 出会いまくってアプリの使い方の達人になりました! 本人はプロフィールイラストと違って若干中年太り。 目が悪くてメガネを手放せません。やや残念な見た目。 マッチングアプリで仕事で失った青春を取り戻すゾ! このブログではアプリを使った赤裸々な体験談をお届け!

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
 ワクワクメールで処女狩り
 イククル体験談
 管理人プロフィール

Kei

週刊誌ライター&マッチングアプリの使い手

Kei

週刊誌ライターでマッチングアプリの使い手Keiです。 このご時世で本業の仕事が激減しました・・・(泣) 余った時間でマッチングアプリを使って女のコと 出会いまくってアプリの使い方の達人になりました! 本人はプロフィールイラストと違って若干中年太り。 目が悪くてメガネを手放せません。やや残念な見た目。 マッチングアプリで仕事で失った青春を取り戻すゾ! このブログではアプリを使った赤裸々な体験談をお届け!

Hな画像を見たい人集まれ~!

【えっちな画像を大量プレゼント!!】

【石原希望を思いっきり堪能!】



>>無料動画はココで見る<<

人気の記事
女性との会話、盛り上がる?

【女性にこんな風に見つめられたらどうする?】

本命彼女を見付けるならココ!
アーカイブ
カテゴリー
出会いを量産したいならココ!
ブログランキング参加中!
今すぐ会えるコを探すならココ!
外部リンク

Jメール セフレ Jメール 人妻 Jメール 体験談 Jメール 女子大生 Jメール 熟女 PCMAX 人妻 PCMAX 熟女 PCMAX 体験談 YYC セフレ YYC 体験談 YYC 女子大生 イククル エッチ イククル セフレ イククル 人妻 イククル 体験談 イククル 使い方 イククル 女子大生 イククル 熟女 シングルマザー 遊び相手 シンママ やれる ハッピーメール 体験談 ペアーズ 体験談 マッチングアプリ エロ 体験談 マッチングアプリ ヤリモク マッチングアプリ 体験談 マッチングアプリ 看護師 マッチングアプリの体験談 ヤリモク 女子大生 ライブチャット ライブチャット 口コミ ワクワクメール 人妻 ワクワクメール 体験談 ワクワクメール 使い方 ワクワクメール 処女 ワクワクメール 女子大生 ワクワクメール 熟女 人妻 出会い系 体験談 シングルマザー 女子大生 セフレ 熟女 熟女とのエロい体験談 熟女のエロい体験談 熟女のエロい話 生保レディ 体験談 義母